『しゅんすけ君を救う会』会則

第1条 (名称)
本会は『しゅんすけ君を救う会』と称する

第2条 (事務所)
本会の主たる事務所を 群馬県桐生市広沢町間ノ島373 長野刺繍工芸 方に置く
本会の従たる事務所(支部)を必要に応じて設置することが出来る

第3条 (目的)
本会はしゅんすけ君の外国における心臓移植の実現と社会復帰の為の助力をすると共に、必要な費用を広く善意の方々からの募金によって援助する為、その活動を企画・実施することを目的とする非営利組織である

第4条 (活動内容)
本会は前条の目的を達成する為に次の活動を行う
1.心臓移植の医療費、並びに渡航、滞在に必要な費用の募金活動
2.上記の募金活動を広く周知するため広報活動・募金状況の適切な開示
3.事務局維持・運営業務
4.その他目的達成の為に必要な活動

第5条 (活動期間)
1.募金活動は目標金額が達成した場合、速やかに募金活動は停止する
2.本会は目的を達成するか、または必要がなくなったときに監事の監査を受けた後、会計報告を以って活動を終了し、解散するものとする

第6条 (会員)
本会の目的・趣旨に賛同し、本会活動に協力して頂ける個人または団体のボランティアにより構成される

第7条 (会費)
本会は入会金・会費の徴収は行わない

第8条 (役員)
本会には次の役員を置き、会の運営委員会を組成し運営に当たる
代表  1名  会を代表し統括する
副代表  2名  代表の補佐をする
事務局長 1名  会の事務局業務を担う
広報  3名  会の活動・会計を開示する業務を担う
ボランティアリーダー 1名 募金活動に関する業務を担う
会計  2名  会の会計を掌る
監事  1名  会計の執行が適正か否か監査を行い、必要に応じて運営委員会に報告する
運営委員 若干名 事務局・広報・会計業務を補完する
※役員・運営委員は必要に応じ、随時補充・追加する

第9条 (報酬)
本会の役員は報酬を受けることが出来ない
役員には、その職を執行する為に要した費用を弁償することが出来る

第10条 (運営)
本会の運営に関しては会則に基づき運営し、会則にない事項は運営委員会の協議により、その過半数の賛成を以って決定する

第11条 (会計)
本会の会計は事務局に置き、本会運営経費の入出金等は運営委員会において協議決定された手続きに基づき執行し、定期的にH・P等で開示・公表する

第12条 (残余財産の処分)
本会の活動停止・解散に先立ち、余剰金が発生した場合には医師と相談のうえ期間を定め、その余剰金を凍結することが出来る 凍結期間を経過後は他の渡航移植を必要とする患者支援団体・支援組織へ寄付する
処分結果は凍結期間後も含めてH・Pで(H・Pを閉鎖する場合、予め公表手段を明示する)公表しなければならない

第13条 (会則の施行)
本会則は平成25年7月17日から施行する
本会則は、改正の必要が生じた場合は、役員会で協議し決定する